2022年3月10日 最終更新日:2022年3月14日
洗濯機の処分方法7選。捨て方や無料で処分する方法を解説

洗濯機の廃棄方法をご存知ですか?「洗濯機の調子が悪いから買い換えたい」「引越しで洗濯機が不要になった」など、洗濯機を処分するシーンはさまざまです。

しかし、洗濯機の処分方法は家電リサイクル法によって定められており、決められた正しい方法で処分しなければなりません。

今回は、洗濯機の処分方法7選を詳しく解説していきます。無料の処分方法や処分するときの注意点も紹介していきますので、ここで確認しておきましょう。

洗濯機の処分は家電リサイクル法に基づいて行う

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は、一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有用な部品や材料をリサイクルして廃棄物を減らすとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

主な対象品目は、以下の4つです。

・エアコン

・テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)

・冷蔵庫及び冷凍庫

・洗濯機及び衣類乾燥機

また、家電リサイクル法は、以下の要件が定められています。

・小売業者の引取り義務

・製造業者のリサイクル義務

・消費者の料金支払い義務

エアコンの場合は、室外機も同時に対象となるため、注意しておきましょう。

一方で対象外のものもあります。例えば、業務用の天井から吊り下げられているタイプのものや冷風機、除湿機が挙げられます。

洗濯機を処分する7つの方法

1.【無料〜】洗濯機の出張買取の査定をしてもらう

買取業者は、店舗買取・宅配買取・出張買取に分けられ、中でも出張買取がおすすめです。出張買取は、自宅まで専門スタッフが訪問し、査定から回収まで行ってくれるので便利です。重い洗濯機を外に運び出さずに済むのは、嬉しいですよね。

また、査定自体は無料です。お手元の洗濯機が売れるかどうか、まずは査定依頼に出してみましょう。その際は、複数店舗に査定を出すことがおすすめです。洗濯機の場合、同じ商品でも数千円ほど査定額が変わってくることも珍しくないです。

査定額で納得した場合は、運転免許証など身分を証明できるものを提示する必要があります。あらかじめ準備しておきましょう。 一方で、各サービスが定める対応エリアにも注意しておきましょう。お住まいが対応エリアかどうかは各サービスの店舗ページや電話で教えてもらえます。

また、「出張費や搬出費でお金がかかるのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、基本的に出張費や搬出日は無料な場合が多いです。 まれに、洗濯機の設置場所によっては特殊搬出費が発生する場合もあるので、もし不安な方は問い合わせてみましょう。

2.【無料〜】洗濯機の買取業者へ持ち込む

状態のよい洗濯機なら、リサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。購入してから年数がたっていない洗濯機は、処分する前にリサイクルショップに買い取りが可能かどうか確認してみるのもよいでしょう。

その際、付属品を持っていくのも忘れないようにしましょう。 ただし故障していたり、製造日が古い洗濯機は買い取ってもらえない場合もあります。 買取業者へ持ち込みで売却するメリットは、梱包作業がいらず、思い立ったらすぐに実行できることです。

営業時間内であれば、予約なしで持ち込み可能な店舗も多いので、近くのリサイクルショップを調べてみましょう。 一方で、持ち込みで買取してもらう場合のデメリットもあります。

最もネックになるのは、やはり時間と手間がかかることです。特に近くに買取店舗がない場合、直接店舗に訪れて査定してもらうことを煩わしく感じる人も多いです。

3.【有料】不用品回収業者に処分をお願いする

不用品回収業者に処分を依頼する方法もあります。不用品回収業者なら利用料金が発生する一方で、壊れた洗濯機でも処分できます。手間と時間をかけずに早く処分したい方にはおすすめです。

よくある引取方法は出張引き取りと配送引き取りですが、洗濯機だけを処分するなら配送引き取りを選択しましょう。 出張引き取りは料金設定がトラック1台あたり〜円となっている場合が多く、引越しなどで大量の処分をするときの利用が望ましいです。よってその他の家電をまとめて処分したい人にとっては比較的お得です。

・費用:5,000~10,000円

また、このように費用は業者次第で差があるので見積もりで確認が必要です。

・電話1本で即日対応

・洗濯機の運び出しも業者がしてくれる

また不用品回収業者には上記のような特徴があり「早く洗濯機を処分しなければならない」「他にも不用品がありまとめて処分したい」などの場合はおすすめです。

注意点としては認可された業者を利用することです。一般家庭から廃棄物に該当する使用済家電製品を引き取ることができるのは、「一般廃棄物処理業の許可」持つ業者のみです。

無許可業者により回収された廃家電は不法投棄される問題も起きています。さらに、回収に高額な処理料金を請求されたという事例も報告されています。無許可業者には依頼しないようにしましょう。

4.【有料】粗大ゴミや不燃ゴミとして処分する

洗濯機は家電4品目のため家電リサイクル法が適用されます。そのため、市町村の粗大ゴミとして処分はできません。 しかし市区町村によっては、自治体が代行で引き取っていたり、引き取り可能な小売店・許可業者の紹介してもらえます。

市区町村に問い合わせてみましょう。 またこの場合、収集運搬料金とリサイクル料金の支払いは必要です。 収集運搬料金は地域により異なるので、必ず事前に確認しましょう。

5.【無料〜】大手家電量販店で下取りをしてもらう

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラ では家電リサイクル法に基づき、洗濯機の購入で不用な同製品を持っている場合、同時リサイクル回収を行っています。 費用は「リサイクル代金」と「リサイクル搬送費」があります。

リサイクル代金:2,530円

・商品の設置配達の訪問時に、配達作業員に現金にて支払い

・リサイクル料金にはポイントは付きません

※リサイクル代金は、シャープ、パナソニック、ソニー、日立、三菱、ダイキン、東芝、富士通ゼネラル等、代表的なメーカーの製品をリサイクル回収した場合の代金です。

リサイクル搬送費:550円 ・回収日時・場所がお届け商品と異なる場合、別途搬送費がかかります

・家電リサイクル法対象以外の商品の不用品回収は、行っていません。

エディオン

不要になった洗濯機の引き取りに際し、リサイクル料金と収集・運搬料金がお客さまのご負担となります。お問い合わせ・お申し込みは、エディオン各店にて承っております。 費用は「洗濯機のリサイクル料金」と「洗濯機の収集・運搬料金」です。

洗濯機の処分料金

・全定格内容積171L以上:4,730円

・全定格内容積170L以下:3,740円

<国内主要メーカー>洗濯機の収集

運搬料金 洗濯機の収集運搬料金は、

・配送時に引き取りを行う商品を同時にか購入(買い替え)

・​​配送場所と同じか

・購入商品と同じ商品か

・エディオンでの購入商品か

によって料金が変わり、1,100円〜2,750円です。

ケーズデンキ

ケーズデンキでも家電リサイクル法により、洗濯機のリサイクル回収を行っています。 料金は「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」がかかります。

リサイクル料金:2,530円(税込み)

収集運搬料金:1,650円(税込み)

ケーズデンキでは店舗に持ち込むと、出張料金を節約することも可能です。

※ リサイクル料金、および収集・運搬料金は、廃家電を引き取り担当者に全額「現金」支払い ※ 当社商品購入点数(リサイクル対象商品)以上のリサイクル品の回収がある場合、追加引取料金(追加1点あたり550円(税込)~)がかかります。

※ 一部、製造メーカー(外国メーカーなど)により、リサイクル料金が上記金額とは異なる場合があります。 ※ リサイクル品の回収は、当社配送エリア内のみです。詳しくは近くの店舗に問い合わせてみましょう。

ヤマダ 電機

ヤマダ電機でも洗濯機のリサイクル回収を行っています。 費用の種類は「リサイクル料金」と「収集運搬料」です。

リサイクル料金:2,530円〜(税込み)

収集運搬料:1,650(税込み)

注意点としては、リサイクル料金は家電の種類、大きさ、メーカーによって金額が異なります。

たとえば、シャープや東芝製の洗濯機のリサイクル料金は2,530円ですが、ヤマダ電機製品の場合は2,805円です。

6.【無料】自分でメルカリやヤフオクなどへ出品する

フリマアプリやネットオークションは、衣類やホビー関係のものを出品する人が多いようですが、洗濯機をはじめ家電も出品可能です。 しかし、取引が決まるまでに日数を必要とするのと、配送料負担の取り決めなど処分するよりも時間や手間がかかります。

一方で取引が成立した場合は、処分ではないのでリサイクル料金・運搬料金はかかりません。少しでもお金にしたいという方はメルカリやヤフオクなどを活用しましょう。 フリマアプリやネットオークションの特徴は、売るものの値段をご自身で決めることができるという点です。

有名ブランドの洗濯機であれば、高値で売れるかもしれません。 しかしメルカリやオークションで売り手がつかなければ、売れ残ってしまうこともあります。確実に処分ができるわけではないという点に注意しましょう。

7.【無料】掲示板サイトで引き取りのお願いをする

洗濯機を処分する方法に掲示板サイトで投稿・処分する方法があります。売りたい商品を掲示板に掲載して、近隣の住民同士で売ったり買ったりできるシステムです。 例えばネット掲示板サイト「ジモティー」では、登録料や手数料、掲載料全てが無料で利用可能です。

ネットオークションサイトと違い、個人情報を登録しなくても利用できるので気軽に始められます。 その気軽さもあって多くのユーザーが利用しているので買い手が見つかりやすいことがメリットでしょう。 ​​

取引成立後の受け渡しは直接持っていくか、引き取りに来てもらうかになります。交渉の結果次第では配送もあり、手間になってしまうのがデメリットです。

洗濯機の処分費用の目安

処分してもらう場合 洗濯機や冷蔵庫、エアコン、テレビは、家電リサイクル法の対象品目です。そのため、家電量販店に引き取り依頼をすることができます。 その際、リサイクル料と運搬料がかかります。

洗濯機のリサイクル料は、メーカーによって異なりますが、約2500円〜です。また運搬料金は1,500円~3,000円程度が相場です。 買い取ってもらう場合 洗濯機はその容量や年式によって変わり、買取相場は500円~3万円以上と幅があります。

現在では、全自動ドラム式洗濯乾燥機が主流です。当然、高機能な製品であれば査定額アップが期待できます。高機能とは省エネや節水、防菌、時短などの機能を指します。

また、縦型の全自動洗濯機は単身者に需要が見込めるため、比較的買い取ってもらいやすいです。 また洗濯機を高く売るコツとしては、下記が挙げられます。

・付属品を揃える 給水ホース、排水ホース、糸くずフィルター、固定ボルト金具(ドラム式の場合)、その他洗濯機部品、説明書、保証書などは集めておきましょう

・掃除 買取査定時の印象も重要です。丁寧に掃除をしましょう。

・新生活シーズンの3〜4月に買取依頼を出す 需要が多いときほど高く売れます。単身用の洗濯機を売るタイミングとしては学生や新社会人が新しく生活を始める準備をする3~4月が高く売れるタイミングです。

洗濯機を処分する際の注意点

運搬前に水抜きをする

洗濯機は処分する前に「水抜き」をしましょう。水抜きを忘れてしまうと運搬時に中の水が漏れ出て、洗濯機自体や他の家電を故障させる原因になりかねません。 水抜きの手順は下記です。

まず、準備するものは、 ・タオル ・ビニール袋 ・ドライバー ・バケツ タオルやバケツは、ホースを外した際に、中に残っている水を受け止めるために必要です。

また、取り外したホースや接続部分を紛失しないように入れておくビニール袋もあると良いです。ドライバーはホースの固定にネジが使われている場合は必要です。 それでは水抜きの手順ですが、

1.蛇口を閉めて洗濯機を15秒ほど回す

2.電源を切って、給水ホースを外す

3.洗濯機を脱水モードで回す

4.洗濯機を傾けて水を出し、排水ホースを外す 水抜きは前日に済ませておくと、当日スムーズなのでおすすめです。

違法悪徳業者に注意 不用品回収業者の中には、自治体の許可を受けていない業者もあります。広告やホームページでは、無料回収と打ち出しているにも関わらず、高額請求されるような事例も報告されています。

よくある事例として、街中をトラックで巡回しながらスピーカーで宣伝している業者があげられます。 このような業者は無許可で不用品の回収を行っていることがあります。

回収後に法外な料金を請求されたりなどのトラブルが多く発生しています。 認可された業者であっても、契約前に料金や作業内容、事業者の名称・連絡先、解約料等を確認しておきましょう。 もしトラブルに巻き込まれてしまった場合は、消費者生活センターに相談すると解決策を提案してもらえます。

洗濯機の処分方法は「出張買取」がおすすめ

洗濯機の処分方法として最もおすすめなのは「出張買取」です。 「出張買取」は指定した日に、自宅に来てもらい査定してもらえます。そして査定額に納得がいけば、そのまま処分が完了できてしまいます。

重い洗濯機を運び出す負担がかからないので、とても便利です。 さらに複雑な形の洗濯機の梱包に頭を悩ますこともないので、ぜひ利用してみましょう。 「出張査定や運び出しの費用が高いのでは?」と不安な人もいるかもしれませんが、出張費や搬出日は無料がほとんどです。

出張買取店によっても変わるので、出張費や搬出費用を事前に確認しておきましょう。 しかし、洗濯機の製造年次第では買取不可の場合もあるので、問合せの前にご自宅の洗濯機の年式を確認しておきましょう。

製造から5年以上経った洗濯機は、不用品回収を利用するのがベターです。しかし処分前提なら、買取不可なものでも無料で引き取ってくれるお店を選択しましょう。処分費用がかからないので、お得です。

洗濯機の買取業者

買取マクサス

「買取マクサス」は高価買取に定評のある出張買取サービスです。五反田で店頭買取もあります。家電、楽器、電子機器、ブランド品など様々な商品を買い取りしています。更に、買取サービス以外にオークション代行サービスも行っているので、高値で売りたい人にとっておすすめです。

また買取マクサスではビデオチャットで査定、その場で金額が確定することから最短30分で集荷が可能な買取サービスも行っています。事前査定で納得してから取引を進められるので、買取査定が初めての方にもご安心してサービスを利用していただけます。

電話やネットだけでなく、メールでの査定も行っており、幅広い買取ジャンルに対応しています。 さらに付属品なしの洗濯機の買い取りや査定も可能です。洗濯機の集荷から査定額決定し、ご連絡から入金まで、全てスピーディーにおこなっています。

家電高く売れるドットコム

高く売れるドットコムは利用者数が100万人の買取業者です。宅配買取は全国対応しています。 家電高く売れるドットコムでは、高価買取に定評があります。

お客様満足度も高く、査定金額が高かったから納得して買い取りしてもらったという口コミも多く集まっています。 これだけ高く売れる理由は、 ・リアルタイムデータで適正価格の利益還元が可能 ・無店舗化で運営費を削減 ・電話等で価格交渉も可能 という点が挙げられます。 また家電高く売れるドットコムのメリットは、返送料が無料である点です。

そのため、万が一買取価格に納得できずキャンセルした場合でも、費用をかけずに返送してもらえます。

買取屋さんグループ

買取屋さんグループは、全国25店舗を展開し出張買取を行っています。 プロの査定で、安心して査定に出すことができます。電話をしてから最短30分で出張買取ができるという、スピード感が人気の理由です。

買取やさんグループでは買取品目が多様です。趣味のものから専門機材まで取り扱うジャンルの多さは業界でもトップクラスです。 古くても買取を行ってくれる可能性もあるので、古いからといって処分してしまうのではなくまずは問い合わせてみることをおすすめします。 

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーの買取サービスは店頭買取・宅配買取・出張買取の3つあります。 特に店頭買取の評判がいいのが特徴のお店です。 査定時間は店頭買取の場合、最短で15分、混雑時でも当日中に専門担当者が査定をします。

査定金額に納得ができれば、その場で現金での買取となります。 予約不要で気軽に店頭に持ち込みできます。近くに店舗があれば利用してみましょう。

出張買取の場合、電話もしくはネット等で予約をいれてから最短でも翌日以降になりますが、出張買取が成立した場合はその場で現金で買取ができます。

買取ドットコム

東京、横浜、大阪、岡山、愛媛などにある総合リサイクルショップの、買取ドットコムです。買取ドットコムでは、洗濯機をほぼ毎日買い取っています。 洗濯機の買取において、買取ドットコムが選ばれる理由は、

・出張費が0円

・土日祝や即日の買取も可能

・5年以内の洗濯機であれば100%買取 出張料無料の出張査定

は、大型家具や大型家電があるような人に最適です。持込買取は、他の査定よりも買取額がアップすることがあり、お店が自宅から近い人に有利です。 

まとめ

ここでは生活必需家電である、洗濯機の処分方法について詳しくご紹介しました。 洗濯機を処分する方法には、自治体で処分する方法や不用品回収業者に依頼する方法、買取業者に売る方法があります。

さらにはオークションやフリマアプリで売る方法など色々な処分方法があることがわかりました。 家電製品を処分する際には、環境への影響も考慮して、しっかりとした業者選びが大切です。 自治体で洗濯機は安く処分できますが、買取業者に売れば現金に変わることもあります。

また、洗濯機は生活必需品のため、年中通して人気がある商品です。製造年月(5年以内が目安)やメーカーや機種の人気によって、買取額の査定は大きく変動します。

さらに、使用感や付属品の有無などによっても変動しますので、今回紹介した高く売れるコツを参考に高値買取を狙いましょう。 また買取業者に売る方法の中でも最もおすすめなのは「出張買取」です。

自宅にいながら査定してもらえるうえ、査定額に納得がいけばそのまま運び出しも行ってもらえます。そのため、洗濯機を運び出す手間がかからないので便利です。 買取マクサスでは付属品なしでの買い取りや査定、集荷・入金も全てスピーディーに行わせていただきます。まずはお電話、メール、LINEにてご連絡ください。

少しでも高く売るならマクサスにご相談ください
高価買取実施中