2022年3月17日 最終更新日:2022年3月21日
電子レンジの処分方法7選。捨て方や無料で処分する方法を解説

電子レンジが故障したり、新調するときに「どうやって古い電子レンジを処分したらいいの?」と困る人も多いのではないでしょうか? 電子レンジは頻繁に処分するわけではないので、処分方法を知らない人も多いです。

しかし、電子レンジには再利用できる鉄や銅、ステンレスなどの金属も含まれているので勝手な処分をしてはいけません。 そこで今回は、電子レンジの処分方法を7つご紹介します。

不用品回収業者への持ち込みや大手家電量販店での下取り、出張買取など幅広く解説するので参考にしてみてください。 電子レンジの処分方法それぞれのメリットとデメリットを理解し、自分に合った処分方法を選択しましょう。

電子レンジを処分する7つの方法

1.【無料〜】電子レンジの出張買取の査定をしてもらう

買取業者は店舗買取・宅配買取・出張買取に分けられ、中でも出張買取がおすすめです。出張買取は、自宅まで専門スタッフが訪問し、査定から回収まで行ってくれるので便利です。 比較的買ってから日が浅い電子レンジや使い方が綺麗な場合、付属品が全て揃っている場合は高価買取が狙える場合もあります。

査定自体は無料なので、お手元の電子レンジが売れるのかどうか、まずは査定依頼に出してみましょう。その際は複数店舗に査定を出すことがおすすめです。

電子レンジの場合、同じ商品でも数千円ほど査定額が変わってくることも珍しくありません。 電子レンジは、新生活が始まる時期などタイミングを見計らうことで高額買取もあるので、電子レンジの処分を検討している方は、出張買取をお願いして査定をしてもらいましょう。 一方で、各サービスが定める対応エリアには注意しておきましょう。

お住まいが対応エリアかどうかは各サービスの店舗ページや電話で教えてもらえます。 「さらに出張費や搬出費でお金がかかるのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、基本的に出張費や搬出日は無料な場合が多いです。まれに電子レンジの設置場所によっては特殊搬出費が発生する場合もあるので、不安な方は問い合わせてみましょう。

2.【無料〜】電子レンジの買取業者へ持ち込む

電子レンジはリサイクルショップなどの買取業者で売却することもできます。リサイクルショップで売却するときもきれいに庫内を掃除する、付属品もすべて持っていくと高く売れることもあります。 ただし故障していたり、製造日が古い電子レンジは買い取ってもらえない場合もあるので気をつけましょう。

買取業者へ持ち込みで売却する最も大きなメリットは、すぐに現金化できる点です。急に現金が必要な場合に適した売却方法といえるでしょう。速い場合は5分ほどで査定が完了する場合もありますし、買取価格に納得が行かない場合は価格交渉もできます。 このように現金化までの速さと価格交渉余地がある点がメリットといえます。

その一方で持ち込みで買取してもらう場合のデメリットもあります。最もネックになるのは時間や手間がかかることです。特に近くに買取店舗がない場合、直接店舗に訪れて査定してもらうことを煩わしく感じる人も多いです。

さらに電子レンジは重たいので、持っていくのはさらに手間です。電子レンジのような重い品物を買い取ってもらおうと考えている方には出張買取を利用することをおすすめします。

3.【有料】不用品回収業者に処分をお願いする

不用品回収業者に処分を依頼する方法もあります。不用品回収業者なら利用料金が発生する一方で、壊れた電子レンジでも処分できます。 よくある引取方法は出張引き取りと配送引き取りですが、電子レンジだけを処分するなら配送引き取りを選択しましょう。

出張引き取りは料金設定がトラック1台あたり〜円となっている場合が多く、引越しなどで大量の処分をするときの利用が望ましいです。よってその他の家電をまとめて処分したい人にとっては比較的お得です。

・電話1本で即日対応

・電子レンジの運び出しも業者が行ってくれる

また、不用品回収業者には上記のような特徴があり「早く電子レンジを処分しなければならない」「他にも不用品がありまとめて処分したい」などの場合はおすすめです。 注意点としては認可された業者を利用することです。

認可された業者は認可のマークを持っているので、必ず認可された業者を利用することをおすすめします。無認可の業者は処分方法が不適切であったり、相場よりも高い金額を提示されることもしばしばですので気をつけましょう。

4.【有料】粗大ゴミや不燃ゴミとして処分する

電子レンジは自治体によって粗大ゴミか不燃ゴミに分類されます。それぞれ処分の仕方が異なるので、お住まいの各自治体に確認しましょう。 粗大ゴミとして引き取りしてもらう場合 多くの自治体では、電子レンジを粗大ゴミとして処分できます。ただし庫内の中皿は燃えないゴミとして回収する自治体もあります。

付属品処分の扱いを自治体がどう決めているかも含めて確認しておきましょう。具体的な電子レンジの処分の手順は以下です。

1.3日前までに粗大ゴミ受付センターへ連絡

2.コンビニとうの指定された場所で有料粗大ごみ処理券を購入

3.見えやすい位置に有料粗大ごみ処理券を電子レンジへ貼る

4.指定日時と場所で処分する電子レンジを置いておく

*処理料金が400円の場合は、有料粗大ゴミ処理券A(200円)を2枚買う必要があります。 自治体によっては粗大ゴミの回収周期は月1回という場合も珍しくないです。処分を急ぐ場合はその他の処分方法を選択しましょう。

また、指定日時や場所以外で捨てた場合は不法投棄に該当します。絶対にやめましょう。 不燃ゴミとして処分する場合 不燃ゴミの場合は、自治体専用の不燃ゴミの袋に入れて収集日に出すだけです。ゴミ収集日が記載されたカレンダーに不燃ゴミとして出せる品目が記載されているので、事前にチェックしておきましょう。

5.【無料〜】大手家電量販店で下取りをしてもらう

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは電子レンジの回収リサイクルを行っています。有料ではありますが、故障して動かない電子レンジも回収してくれます。3辺合計サイズが240cm以下かつ重量30kg以下の電子レンジであれば回収料金は税込み1,100円です。3辺合計サイズ・重量を超える場合はそれに応じた料金になるため気をつけましょう。

また、法人・事務所からの回収は対象外となります。 また出張回収の場合、新しく購入した家電の配送と同時にできるかによっても値段が変わります。配送と同時であれば追加料金は発生しません。

しかし回収のみの場合は別途出張費用2,200円かかることに注意が必要です。 さらに一部対象外のエリアもあります。まずは問い合わせてみましょう。

エディオン

エディオンでは電子レンジを税込み550円で処分できます。ただしこの料金で処分できるのは

・縦+横+高さの合計が120cm以下で重さが10kg以下

・取り外し工事不要で使用できるもの

・人が一人で運べるもの に限られています。

電子レンジを処分するときにはエディオンの店舗へ直接持っていく必要があります。また小型家電引き取り対象店舗でない場合は持ち込んでも処分してくれないので注意してください。店舗検索ページにて引取対象店舗かどうか事前に確認しておきましょう。

ケーズデンキ

ケーズデンキでは電子レンジの回収とリサイクルを税込み2,200円で行っています。 引き取りのみの場合は出張料金が別途発生します。

また、一部、製造メーカー(外国メーカーなど)により、リサイクル料金が上記金額とは異なる場合もあります。事前に電子レンジのメーカーを確認しておくといいでしょう。業務用の電子レンジも回収対象外です。

出張料金はお住まいの地域次第で異なります。店舗検索ページにて近くの店舗に問い合わせてみましょう。

ヤマダ電機

ヤマダ電機で処分する場合は、家電買取キャンペーンや有料での回収サービスを利用する方法の2種類があります。

家電買取キャンペーン

現在使用できる電子レンジが買取対象となります。身分証明証を用意しておけば買取してもらえる点は魅力的です。しかしヤマダ電機では訪問での買取は行っていません。

また、未成年者は親権者の同伴が必須です。 電子レンジの買取条件は下記の通りです。

・現在使用できるもの

・製造年式が2022年製〜2015年製

・本体に破損、変色、色あせ、サビがあるもの

・電源コード及び、製品ごとに指定された付属品がないもの

詳しくは店舗の問い合わせページや係員に聞いてみましょう。

小型家電回収サービス

ヤマダ電機は電子レンジを有料で回収しています。回収方法は店頭に自分で持ち込む店頭回収と自宅まで回収しに来てもらう訪問回収の2つがあります。 店頭での回収料金は税込み1,100円です。またヤマダ電機では指定の段ボールに詰めるだけで一箱1,650円一括回収するサービスも行っています。他に処分したい小物家電がある場合はぜひ活用しましょう。

ただし灯油を使用した石油ファンヒーター・石油ストーブなどは対象外となります。 また訪問回収の場合は料金がかかります。お住まいの地域や店舗によって変わってきますので店舗ページで問い合わせてみましょう。

6.【無料】自分でメルカリやヤフオクなどへ出品する

まだ使える電子レンジを処分するならメルカリなどのフリマアプリやヤフオクもおすすめです。 フリマアプリやヤフオクでは数枚の写真とともに出品すると、早い時で24時間以内に購入されます。 ヤフオクなどのオークションでは欲しい人が多ければ高値で落札されることも珍しくありません。

逆にメルカリやオークションで売り手がつかなければ、売れ残ってしまうこともあります。確実に処分ができるわけではないという点に注意しましょう。 さらに自分で梱包から発送まで行わなければならないため手間なことはデメリットです。 またもしメルカリで電子レンジを送る場合はらくらくメルカリ便がおすすめです。

縦+横+高さの合計が160cm以下かつ25kg以下の電子レンジは、税込1,600円で送れます。

7.【無料】掲示板サイトで引き取りのお願いをする

不用品を処分する方法に掲示板サイトで投稿・処分する方法があります。売りたい商品を掲示板に掲載して近隣の住民同士で売ったり買ったりできるシステムです。 例えばネット掲示板サイト「ジモティー」では、登録料や手数料、掲載料全てが無料で利用可能です。ネットオークションサイトと違い、個人情報を登録しなくても利用できるので気軽に始められます。

その気軽さもあって多くのユーザーが利用しているので買い手が見つかりやすいことがメリットでしょう。 ​​取引成立後の受け渡しは直接持っていくか、引き取りに来てもらうかになります。交渉の結果次第では配送もあり、手間になってしまうのがデメリットです。

電子レンジの処分費用の目安

処分するときの費用の相場はどの処分方法をとるかによって異なりますが、0円〜3,000円と考えていいでしょう。 不用品回収業者によっては無料のところもあれば1,500円~3,000円くらいのところもあり、業者によって様々です。 他の不用品と一緒に処分すれば、業者によっては処分費用が安くなる場合もあります。

また、電子レンジを高く売るためにやっておくべきことを紹介します。

・清掃をする

電子レンジは食品を入れるので、衛生的かどうかが重要です。落ち度なく使用していても庫内には食品から跳ねた汁や油などが付着していることが多いです。 こういった汚れがあまりにもひどい場合、減額の対象となりえます。買取査定の前にきちんと掃除を済ませておきましょう。

・付属品を集めておく

取扱説明書や保証書、トレーなど購入時に付いていたものは極力揃えておきましょう。

電子レンジを処分する際の注意点

住んでいる自治体の処分方法を確認する

自治体によって電子レンジが粗大ゴミになるのか、不燃ゴミになるかは変わります。お住まいの地方自治体の処分方法を「地域名 粗大ゴミ」と検索して確認してみましょう。 粗大ゴミとして電子レンジを捨てるときの手順は下記の通りです。

1.自治体の粗大ゴミを受け付けてくれるセンターなどに問い合わせ

2.センターで確認した金額の粗大ゴミの処理券をコンビニなどの販売店で購入

3.粗大ゴミの処理券を電子レンジの見えやすい部分に貼り付ける

4.収集日に指定の場所に電子レンジを置いておく

もし自治体が電子レンジを不燃ゴミとして扱っている場合は、自治体専用の不燃ゴミの袋に入れて収集日に出すだけです。

無許可の違法業者は利用しない

不用品回収業者では、壊れた家電品でも処分を引き受けてもらえます。 一度にたくさんの家電を処分したいときや夜間に対応してもらえることも多いので便利です。しかし悪質な無許可業者も中にはいるので注意が必要です。

まず一般家庭から排出されるごみは「一般廃棄物」にあたります。回収するには自治体から「一般廃棄物処理業」の許可を受けているか、委託を受けている必要があります。「産業廃棄物処理業(収集運搬業)」や「古物商」といった許可では、電子レンジは回収できません。

実は自治体から許可を得ていない違法業者は多いのです。不法投棄や不適正処理につながるおそれがあるため、無許可の業者を利用するのは控えましょう。

電子レンジの処分方法は「出張買取」がおすすめ

電子レンジの処分方法として最もおすすめなのは「出張買取」です。自宅にいながら査定してもらえるうえ、査定額に納得がいけばそのまま運び出しも行ってもらえます。そのため重い電子レンジを運び出すこともないので便利です。 「出張査定や運び出しの費用が高いのでは?」と不安な人もいるかもしれませんが出張費や搬出日は無料なことが多いです。

出張買取店によっても変わるので、出張費や搬出費用を事前に確認しておきましょう。 しかし電子レンジの製造年次第では買取不可の場合もあるので、問合せの前にご自宅の電子レンジをみておきましょう。 製造から11年以上経った家電は不用品回収を利用するのがベターです。

しかし処分前提なら、買取不可なものでも無料で引き取ってくれるお店を選択しましょう。処分費用がかからないので、お得です。

電子レンジの買取業者

買取マクサス

「買取マクサス」は高価買取に定評のある出張買取サービスです。五反田で店頭買取もあります。家電、楽器、電子機器、ブランド品など様々な商品を買い取りしています。更に、買取サービス以外にオークション代行サービスも行っているので、高値で売りたい人にとっておすすめです。

また、買取マクサスではビデオチャットで査定、その場で金額が確定することから最短30分で集荷が可能な買取サービスも行っています。メールでの査定も行っており、幅広いジャンルに対応しています。 さらに付属品なしでの買い取りや査定、集荷・入金も全てスピーディーなことで買い取りマクサスは良い口コミをいただいています。

出張買取24時

関東や関西で出張買取を行っている買取サービス「出張買取24時」。24時間365日出張買取を実施しているのが魅力で、即日対応や夜間の買取を優先するなら、検討してみるといいでしょう。 口コミサイトには「依頼してからすぐに来てもらえ、査定金額にも満足です」などのコメントが寄せられています。

また、受付のシステムも充実しており、電話対応、メール対応もお客様目線で24時間対応してくれます。仕事帰りや学校帰りの夜遅い時間帯であっても、買取方法について問い合わせることが可能です。 年間110万件の買取依頼があるので、実績があり信頼のできる専門業者です。 出張対応地域も全国に広がっているのでその点もメリットに挙げられるでしょう。

高く売れるドットコム

「家電高く売れるドットコム」は、利用数100万件以上を誇る家電買取サービスです。 出張買取の対応エリアが全国各地に広がっているのが魅力ですが、事前査定が必須なため、買取までに少し時間がかかる可能性があることに注意です。 しかし出張料や搬出費用はすべて無料なので、大型品の売却時や点数が多い場合におすすめです。

査定結果に納得したら、店頭買取と同じく現金ですぐに支払いをしてくれます。 出張可能エリアは基本的にリユースセンターの近くになりますが、エリア外でも相談は可能です。事前にお住まいの地域が対応しているか確認してみましょう。 また「家電高く売れるドットコム」のサイトでは過去の買取実績が公開されています。事前にどんな電子レンジが高値で買い取られているかチェックしてみるといいでしょう。

トレジャーファクトリー

全国に100店舗以上展開する中古買取販売店「トレジャーファクトリー」。家電や家具、ブランド品のほかアウトドア用品やベビー用品など、幅広いジャンルの買取品を取り扱っています。月間68万点もの買取実績があるので、安心して買取に出すことができます。 またサイトでは買取情報を閲覧でき、優先買取の商品なら、買取価格が20%UPするキャンペーンも随時開催しています。一度、検索閲覧してみるといいでしょう。

さらに「買い取り価格にもポイントがつくのでよりお得」といった声もあがっており、サービスをうまく利用して、お得に電子レンジを売りましょう。 しかしトレジャーファクトリーは商品に値段がつかなかった場合は引き取ってもらえません。そのため処分前提で出張買取を依頼するのは控えた方がいいでしょう。

買取屋さんグループ

全国各地で出張買取を依頼可能な「買取屋さんグループ」。最短30分で即日対応してもらえる場合があるので、急ぎの利用の場合は検討してみるといいでしょう。 また送料や出張料は無料で、最短30分での出張も可能です。Webに特化することでコストをカットしており、経験豊富な専門家が適正査定をするため、高価買取が期待できます。

さらに買取屋さんグループは年中無休で営業しています。年末年始などでも営業しているので、利用のしやすさは抜群です。他の買取店が営業していない場合は、買取屋さんグループを利用してみてもいいでしょう。 しかし買取屋さんグループはお店によって評価が大きく異なります。利用する際は近くの買取屋さんグループの店舗評判を事前にチェックしましょう。

まとめ

電子レンジを処分する方法には、自治体で処分する方法、不用品回収業者に依頼する方法、買取業者に売る方法、オークションやフリマで売る方法など色々な処分方法があることがわかりました。 自治体での処分は安く処分できる方法ですが、買取業者に売れば数千円になることもあります。

また、買取業者に売る方法の中でも最もおすすめなのは「出張買取」です。自宅にいながら査定してもらえるうえ、査定額に納得がいけばそのまま運び出しも行ってもらえます。そのため重い電子レンジを運び出すこともないので便利です。

買取マクサスでは付属品なしでの買い取りや査定、集荷・入金も全てスピーディーに行わせていただきます。まずはお電話、メール、LINEにてご連絡ください。

少しでも高く売るならマクサスにご相談ください
高価買取実施中