2022年5月31日 最終更新日:2022年5月27日
【2022年版】ウクレレの買取業社おすすめ7選。高価買取してくれる業者をご紹介

ウクレレの買取方法は主に3つ

【おすすめ】出張買取

出張買取は、買取業者のスタッフが自宅まで出向いてその場で直接査定、買取を行ってくれる買取方法です。

出張買取の最大のメリットは、買取業者やリサイクルショップ のお店まで持って行かなくて良いこと。忙しくてなかなかお店の方に行けない方でも、活用しやすいです。

他にも、梱包などの手間が省けることも大きなメリットです。

ウクレレケースがない場合でも、しっかりと梱包して運んでもらえるため安心できます。

また、査定だけでも出張してくれる業者もあり、複数の業者に査定をしてもらって一番満足した業者に買取してもらうことも可能です。

店頭買取

買取の中で、1番主流となっているのが店頭買取です。

店頭買取は、お店に持ち込むことでその場で査定、買取をしてもらえるというものです。

ウクレレはリサイクルショップや中古楽器店などで売ることができます。出張買取と同様、手数料も取られません。

また、営業時間内であれば自分の都合に合わせていつでも行くことができ、即日換金もできるので、すぐにでも現金化したい方は店頭買取がおすすめです。

しかし、ウクレレを自分で運ぶことになるので、ウクレレケースがない場合などは、ウクレレに傷がつかないようにしっかり梱包する必要があります。

他にも、複数のお店に行くのが難しく、査定金額を比較しづらいことがデメリットと言えます。

宅配買取

宅配買取は、自分で梱包して業者宛てに発送し、業者が査定するという方法です。

梱包する段ボールは業者が無料で送ってくれることが多いです。

また、自分の時間がある時に梱包して発送でき、直接誰にも会わないで査定、買取まで済むことが最大のメリットになります。

しかし、出張買取、店頭買取とは違い即日換金できるわけではありません。また、 ウクレレの梱包は、配達中にウクレレを傷つけないように厳重に行いましょう。

買取業者によっては、宅配買取をキャンセルした場合の返送料金を負担しなければなりません。注意してください。

ウクレレの買取業者を選ぶ前に知っておきたい選び方

まずは、エリアが対応しているかをチェック

出張買取では、出張可能エリアが限定されていることが多いです。

利用する買取業者の対応エリアに、お住まいの地域が含まれているか確認しておきましょう。

対応エリアはホームページ・電話・メールで調べることができます。

買取して貰えるかをチェック

メルカリかヤフオクで売れているか

メルカリやヤフオクは個人間で不用品を売買できるサービスです。

そのようなオークションサイトにて活発に取引が行われているウクレレは買取してもらえる可能性が非常に高くなります。

また、オークションサイト上の取引金額からウクレレの買取相場を調べることができます。

買取業者に提示された金額がオークションサイト上の金額とあまりにもかけ離れている場合は、買取に出す業者を変えましょう。

型番買取で情報をみてみる

多くの買取業者はホームページ上で、写真と共にウクレレの買取実績を公開しています。

インターネットでウクレレの型番を検索することで、それら買取実績を確認することができます。

買取に出す予定のウクレレと同じ型番のウクレレが買取実績に掲載されていれば、そのウクレレは買取してもらえるでしょう。

買取に出せない場合は処分するしかない

買取業者にウクレレの在庫が大量にある場合は、買取に出す予定のウクレレの保存状態が悪い場合は値段が付かないこともあります。

そのような場合は、ウクレレを処分する必要があります。

ウクレレの処分方法は粗大ゴミから、不用品回収業者までさまざまあります。自分に合った方法で処分するようにしましょう。

ウクレレの買取相場

ウクレレの買取価格はウクレレのブランドや保存状態によって1000円から50000円まで大きく変動します。

高価買取して貰えるウクレレの基準

ブランド

人気ブランドのウクレレは高価買取が期待できます。

Big island、Cenizaなど、人気ブランドのウクレレは高価買取が期待できます。

特に、Ceniza製のウクレレは2009年に製作所が亡くなってからは製造が中止されているため、年々価値が上がっています。

ウクレレを買取に出す際はブランドを必ず確認しておきましょう。

付属品の有無

付属品が揃っているウクレレは買取価格が高額になる傾向にあります。

購入時に付属している専用ケースは、紛失しないように注意してください。ソフトケースよりもハードケースの方が買取価格が高くなります。

保存状態

ウクレレの保存状態によっても買取価格は変動します。

傷や汚れがあるウクレレの買取価格は下がってしまいます。

特に「シリアルナンバーが確認できるか」は重要なポイントで、シリアルナンバーがかすれて見えない場合は大幅に買取価格が下がってしまいます。

また、ウクレレの「割れ・へこみ・欠け」も減額対象となります。

ウクレレの買取業者おすすめ7選

マクサス

マクサスは買取マクサスは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を中心に出張買取をしている業者です。

楽器はもちろん、大きな家電から貴金属まで幅広く買取を行なっています。

他の業者と大きく異なる点はオンライン買取を行っている点です。

オンライン買取はスマートフォンのビデオ機能を用いて、遠隔から査定・買取を行う買取方法で、原則としてオンラインで確定した金額で買取を行ってもらえます。

引き取りに来る前に金額を知れること、査定額に満足できないときに断りやすいことが特徴です。

また、買取マクサスでは処分業者と連携しているため、もしウクレレが買取不可と判断されてしまっても処分してもらうことができます。

「断捨離でウクレレを買取に出したのに、値段が付かず返送されてしまった…」なんて悲しいことにはなりません。

買取マクサスでは、オンライン買取に加えて出張買取・店頭買取・宅配買取を行っているため、ご自身のライフスタイルに合った方法を選択することができます。

楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さんは楽器を専門とした買取業者です。

出張買取の対応エリアは関東圏、宅配買取の対応エリアは全国です。

楽器の買取屋さんのメリットは、なんといってもその専門性でしょう。どのようなウクレレであっても適切な査定を行ってくれます。

しかし、その専門性ゆえノンブランドのウクレレは厳しく査定が行われ、買取価格が低くなる傾向にあります。

ハイブランドのウクレレをお持ちの方におすすめです。

Kaitori Off

Kaitori Offはブランド品を中心に買取を行う業者ですが、楽器も取り扱っています。

電話査定やLINE査定を行っており、事前に型番からウクレレの買取価格の目安を教えてもらえます。

KaitoriOffには「メンテナンスチーム」が存在します。

メンテナンスチームは、状態の悪いウクレレを販売可能になるレベルまでケアを行うために作られたチームです。

そのため、Kaitori Offでは弦が切れている、埃が溜まってしまっているといった状態の悪いウクレレでも買い取ってもらえることが特徴です。

Kaitori Offでは不用品の処分は行っていません。注意してください。

出張買取アシスト

出張買取アシストは出張買取・店舗買取・宅配買取を行っている買取業者です。

出張買取の対応エリアは東京都と神奈川県です。

出張買取アシストでは、買取実績をホームページで公開しています。

そのため、ホームページからウクレレの買取相場を事前に確認することができ、出張日当日に「こんなに買取価格が低いのか…」なんてことにはなりません。

Ikebe reuse

Ikebe reuseは楽器専門の買取業者です。

東京23区を中心に出張買取を行っており、宅配買取は全国から受け付けています。

Ikebe reuseは楽器を専門に扱っているため、マイナーブランドのウクレレであっても適正価格で買取に出すことができます。

Ikebre reuseは「販売代行システム」を行っていることが特徴です。販売代行システムでは、ご自身で値段を決めIkebe reuseにウクレレを預けます。

預けたウクレレが購入されれば、購入金額を受け取ることができます。徹数量としてk購入金額の20%を徴収されましが、自分でき

しかし、即日換金ではなく、一度査定するために引き取ってから、自社にて査定をするため時間がかかります。

また代行販売システムがあり、自分で金額を決められて、Ikebe reuseで販売ができます。メンテナンスもしっかりしてくれますが販売手数料20%がかかるので注意が必要です。

島村楽器

島村楽器は全国に展開する総合楽器販売店で、出張買取・宅配買取・店頭買取に対応しています。

出張買取を利用する場合は、事前にウェブサイトにて査定を受けなければなりません。また、出張買取の対象となるのは、事前査定にて査定額が20,000円以上の場合のみです。

宅配買取では、ウクレレの梱包に必要な梱包グッズを送ってもらえます。梱包資材を自分で用意しなければならない買取業者が多いなか、このサービスはありがたいです。

それに加えて、島村楽器の店頭買取では、通常の買取に加えて5%上乗せした金額で買取を行ってもらえます。出張費用や送料を買取金額に還元しているのです。

近くに島村楽器の店舗がある方には店頭買取がおすすめです。

楽器買収の管弦屋

楽器買収の管弦屋は管楽器、弦楽器の買取に力を入れている楽器専門の買取業者です。

楽器買収の買取屋は自社メンテナンス工房を所有していることが特徴です。

自社メンテナンス工房で直せる傷や不具合は減額対象にならないため、他社で低い査定額を付けられたウクレレであっても、楽器買収の管弦屋では高価買取が可能かもしれません。

また、出張買取は対応エリアが首都圏に集中しがちですが、楽器買収の管弦屋では全国で出張買取を行っています。

ウクレレに加えて大型の楽器をお持ちの方におすすめです。

ただし、出張買取で査定額に満足できずキャンセルする場合は、別途キャンセル料がかかるので注意しましょう。

ウクレレのおすすめ買取業社比較

 

出張買取

店頭買取

宅配買取

金額がつかなかった場合の引き取り

即時換金

マクサス

楽器の買収屋さん

×

 

Kaitori Off

×

 

出張買取アシスト

×

Ikebe reuse

 

×

×

島村楽器

×

×

楽器買収の管弦屋

 

×

×

ウクレレを高く売る際の3つのポイント

弾ける状態まで回復する

弦が切れていたり、汚れがひどかったりなどの理由で演奏することのできないウクレレは買取金額が低くなる傾向にあります。

これは、すぐに査定をすることができず人件費がかさんでしまうことや、ウクレレのメンテナンスにコストが掛かってしまうためです。

ウクレレを高く売るために、故障しているウクレレは少なくとも演奏できる状態まで修理しておきましょう。

ボディを綺麗にする

ボディの状態もウクレレの査定では大事なポイントです。

欠けていたり、へこみ、傷があれば修理しておきましょう。

また、ホコリを落としボディを磨いておくなど、状態を良くしておくとさらに高価買取が期待できます。

付属品と一緒に売る

ケースや証明書などの付属品がある場合は必ず揃えておきましょう。

付属品の有無で査定額は大幅に変わります。

まとめ

ウクレレの買取には多くの買取業者が存在していて、買取方法も様々です。

高価買取はもちろん、査定や換金までの時間、もし値段がつかなかったら処分してくれるのか、などを考慮した上で買取業者を選ぶことが大切です。

少しでも高く売るならマクサスにご相談ください
高価買取実施中