2022年6月7日 最終更新日:2022年6月4日
おすすめのギター買取業者10選|買取相場もご紹介

「新しいギターを買うので古いギターが不用になった」「学生時代にギターを買ったけど、弾かなくなってしまった」そんな方は多いのではないでしょうか?

要らなくなったギターは買取に出すのがおすすめです。

ギターを処分すれば費用がかかってしまうことが多いですが、買取なら逆に収入を得られます。

今回の記事では、使わなくなったギターを買取に出す際の注意点、おすすめの買取業者、ギターの買取相場を紹介します。参考にしてください。

ギターの買取方法3選

【おすすめ】出張買取

出張買取とは買取業者のスタッフが自宅に来て査定から買取までをしてもらえるサービスです。

自宅にて査定が済み、その場で買取から支払いまで行われるためスピーディな買取であるといえます。

出張買取ではほとんどの場合、出張や査定、運搬に手数料はかかりません。

後述する宅配買取や店頭買取では、運搬途中にギターを傷つけてしまう可能性があります。

ギターにキズが付くと著しく買取価格が低下してしまいますが、出張買取では自宅にて査定を行うため、その心配がありません。

そのため、高価なギターを買取に出すときは出張買取が基本です。

ギターを宅配買取に出す

宅配買取とは、買取に出したいギターを宅配で送り、査定・買取をしてもらう買取方法です。

ギターを梱包し、買取業者に送ると査定結果がメールや電話にて通知されます。

買取価格に納得できれば、ギターの代金が振り込まれます。

もちろん、ギターの買取価格に納得できなければ、買取を断ることもできます。

その場合、買取業者によってはギターの返送料を請求されることがあります。事前に送料について確認しておきましょう。

ギターを店頭買取に出す

店頭買取を利用してギターを売却することもできます。

店頭買取とは、査定に出したいギターを直接店舗に持ち込み、査定・買取を行う方法です。

店頭買取では事前予約が必要ないことがほとんどであり、最もスピーディな買取方法であるといえます。

また、買取業者によっては、店頭買取の方が出張買取や宅配買取と比べて買取価格が高くなることもあります。

これは、買取業者が負担するギターの送料や出張にかかる人件費を、ギターの買取に還元することができるためです。

ギターの買取業者おすすめ10選

買取マクサス

買取マクサスは関東圏を中心として、家具や家電、ブランド、お酒など幅広い買取を行う業者です。

もちろん、ギターを含めた楽器の買取も行っています。

買取マクサスのギター買取では、出張買取・宅配買取・店頭買取・オンライン買取を選択できます。

その中でも特筆すべきは「オンライン買取」です。

オンライン買取とは、スマートフォンのビデオ通話機能を利用して、ギターの査定・買取を行う買取方法です。

原則として、ギターの買取価格が後から変更されることはありません。

ハードオフ

ハードオフは日本全国・海外に900以上の店舗を展開するリユースショップで、楽器やパソコン、カメラなどさまざまなものを買い取っています。

ギターはもちろん、エフェクターやアンプのような周辺機器まで買取に出すことができます。

ギターの主な取扱ブランドはBOSS/MXR/VOX/Marshall/MAXON/ZOOM/LINE7/KORG/IBANEZ/Electro Harmonixです。

ハードオフでは故障しているギターも買い取ってもらうことができることが特徴です。

弦が張っていない、ネックが折れている、パーツが欠損しているなど、多少故障しているギターをお持ちの方はハードオフを利用しましょう。

島村楽器

島村楽器は楽器を専門に買取を行う買取業者で、店頭買取・出張買取・宅配買取・委託販売を行っています。

楽器を店頭に持ち込むと店舗とデジマートにて、持ち込んだ楽器を展示してもらえます。

「デジマート」とは島村楽器が運営する通販サイトです。

持ち込んだ楽器に買い手が付くと、委託手数料を差し引いた金額が支払われます。

委託手数料は15%〜30%で、展示期間によって変わります。

イシバシ楽器

イシバシ楽器は全国13店舗にてギター、アコギ、管楽器などの買取を行う業者です。

イシバシ楽器はWebページにて、ギターの買取価格を検索することができます。

また、イシバシ楽器の宅配買取には梱包キット無料コースとクイック発送コースの2つがあります。

すぐにギターを現金化したい方はクイック発送コースがおすすめです。

クイック発送コースには

①宅配買取センターに集荷依頼し、自宅で集荷を待つ方法

②自分のタイミングでギターを発送する方法

③現金書留による支払い

の3つのタイプがあります。

自分にあった方法を選択するようにしましょう。

楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さんは、楽器を専門に出張買取・宅配買取・店頭買取に加えて「法人買取」と「大量買取」を行っています。

法人買取とは、楽器の余剰・不良在庫をまとめて売却することができる買取方法です。

在庫の処分や事業の撤退の際におすすめの買取方法になります。

また、「大量買取」は個人であっても、大量の楽器の買取を行うことができる買取方法です。

こちらは、遺品の処分や引越しの際に利用しましょう。

ギター高く売れるドットコム

ギター高く売れるドットコムは、全国10店舗に展開する買取業者で、宅配買取・出張買取・店頭買取を行っています。

ギター高く売れるドットコムはWebに特化した販売を行っていることが特徴です。

人件費や店舗運営費を抑えたコストを、ギターの買取価格に還元しています。

また、リアルタイムデータを活用した査定を行っているため、適正価格でのギターの買取が可能です。

そのため、「ギターの買取をするのが初めてで不安」という方におすすめです。

タカミツ楽器

タカミツ楽器では、楽器を専門に出張買取・宅配買取・店頭買取を行っています。

出張や査定、梱包資材にかかる料金は全て無料で、24時間365日オンライン査定を受け付けています。

タカミツ楽器はメディアへの露出を多く行っているため、買取業者を利用するのが初めての方におすすめです。

また、たとえ楽器が壊れていたとしても、モデルによっては部品取りとして価値があるため一度査定に出すことをおすすめします。

イケベリユース

イケベリユースはギターやベース、アンプ、エフェクターなどの楽器を専門に取り扱う買取業者です。

イケベリユースは出張買取・宅配買取・店頭買取に加えて、預かり代行販売を行っています。

預かり代行販売は、イケベリユースがギターを預かり、店頭・Webにてギターの販売を代行してもらえるというものです。

販売代金の20%を代行販売手数料としてイケベリユースに支払う必要がありますが、通常の買取よりも高値で売れる可能性があります。

預かり期間は3ヶ月です。

大黒屋

大黒屋は日本全国・海外含め240店舗以上を展開する大手買取業者で、年間買取件数は150万件にのぼります。

取り扱う買取アイテムは腕時計からバック、電化製品まで幅広く、ギターも取り扱っています。

大黒屋は他社にはない大規模な店舗ネットワークと商品流通量を誇ります。

他社では偽物を買い取るリスクを考慮し、買取価格を下げることがありますが、大黒屋に店舗ネットワークを通して培ったノウハウにより、そのようなことは一切ありません。

バイセル

バイセルはギターに加えて、着物から切手、古銭、ブランド品など幅広い買取を行う総合買取業者で、出張買取・宅配買取・店頭買取を行っています。

2021年10月より放送を開始したバイセルのテレビCMでは、木村佳乃さんが出演しています。

また、豊富なメディア掲載実績を持ち、読売新聞、朝日新聞、日本テレビなどさまざまな媒体でとり挙げられています。

ギターの買取相場

アコースティックギターの買取相場

機種名

買取相場

マーチン Backpacker

10,000円

ギブソン B-25

90,000円

テイラー K12ce

110,000円

ヤマハ  CPX-10

23,000円

コールクラーク ANAC2

40,000円

ベースの買取相場

機種名

買取相場

フェンダー USA TonyFlanklin

70,000円

ギブソン  USA EB-3

25,000円

アイバニーズ  BTB775PB

32,000円

リッケンバッカー エレキベース 4001

26,000円

スペクター EURO 5LX

70,000円

エレキギターの買取相場

機種名

買取相場

ギブソン Les paul Studio

45,000円

エピフォン セットネック

20,000円

フェンダー Fender USA

80,000円

スクワイア Telecaster

10,000円

シェクター 日本製

30,000円

ギターの買取基準

キズや塗装の剥がれ

中古市場において人気の高いギターですが、キズや塗装の剥がれがある場合は査定額が下がります。

売却予定のギターは定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

弦が切れているギター、弦がないギターはジャンク品扱いになることがほとんどです。

場合によっては買取不可であると判断されるため、ギターを買取に出す際は弦を交換しておくことをおすすめします。

ギターを高く売るポイント3つ

複数社の買取業者へ見積りを出す

ギターの買取金額は買取業者によって変わります。

これは、査定士の知識や経験、業者が保有する在庫によって買取価格が変動するためです。

高価買取を実現するために、複数の買取業者にギターの見積もりを依頼し、最も買取価格の高い業者にギターを売却するようにしましょう。

付属品は揃える

ギターに限ったことではないですが、買取に出す場合は付属品を揃えておきましょう。

ギターの純正ケースや保証書はできるだけ保管しておくようにしましょう。

汚れを落とす

ギターに付着している汚れは査定額に影響します。

汚れの多いギターは、劣悪な保管状態に置かれていたと判断され、買取価格が低下してしまいます。

買取に出す前には、できるだけギターの汚れを落としておきましょう。

まとめ

今回は、使わなくなったギターを買取に出す際のおすすめの買取業者10選を紹介しました。

ギターを買取に出す際の大切なポイントや買取相場も記載されているので、参考にしてください。

少しでも高く売るならマクサスにご相談ください
高価買取実施中