2022年6月12日 最終更新日:2022年6月25日
大型家電の処分方法7選。捨て方や無料で処分する方法を解説

大型家電は、重い家電ばかりなので、なかなか処分することができない方も多いです。

2001年には、家電に使用されている部品や材料のリサイクル促進を目的に「家電リサイクル法」が定められました。

テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機が家電リサイクル法の対象となっており、粗大ゴミに捨てることはできません。

そこで、この記事では大型家電を処分する7つの方法や、処分費用についてまとめました。

大型家電を処分できずに困っている方や、これから大型家電を買い替える方は参考にしてください。

大型家電を処分する7つの方法

1.【無料〜】大型家電の出張買取の査定をしてもらう

大型家電を処分したい場合は、買取に出しましょう。

大型家電は中古であったとしても、不具合がなければ問題なく使えるため、中古市場で人気です。

買取方法はさまざまありますが、中でもおすすめなのが出張買取です。

出張買取は買取業者のスタッフが自宅まで伺い、大型家電の査定や買取、運び出しを行う方法です。

出張買取なら、重たい大型家電でも買取業者のスタッフが運び出しをするので、負担や手間なく簡単に買取に出すことができます。

買取業者によっては、不用品回収をしてくれる業者があります。このような買取業者を選ぶことで、買取不可だった大型家電でも不用品として引き取ってもらえます。

買取業者ごとに、出張買取エリアが異なります。事前に、お住まいの地域が買取可能エリアであるか確認しておきましょう。

2.【無料〜】大型家電の買取業者へ持ち込む

まだ使える大型家電なら、買取業者へ持ち込んで売ることができます。

買取業者やリサイクルショップへ持ち込むことを、「店頭買取」といいます。

買取業者やリサイクルショップによっては、トラックのレンタルサービスを行っている店舗があります。

ですが、大型家電を買取業者へ持ち込むのは簡単なことではなく、手間も時間もかかってしまいます。

店頭買取は人手や運搬車の確保ができ、大型家電を店頭まで持ち込める方にはおすすめです。

3.【有料】不用品回収業者に処分をお願いする

不用品回収業者を利用すれば、自治体で回収してもらえない大型家電や、処分場へ持ち込む必要がある不用品でも、自宅にいながら一気に回収してもらうことができます。

大型家電は家電リサイクル法により、テレビや冷蔵庫などのリサイクル対象家電は、粗大ゴミとして処分できません。

不用品回収業者に処分してもらうことで、捨て方で困ることなく処分ができます。

家電以外の不用品も回収可能なので、家中の不用品を一気に処分したい方におすすめです。

しかし、不用品回収業者によっては無許可で不用品回収をしている業者もあります。

このような業者が回収した不用品は、不法投棄されている場合があり、地域汚染や火災の原因になってしまいます。

大型家電を不用品回収業者に処分依頼をする場合は、一般廃棄物処理業の許可を得ている業者であるかチェックしておきましょう。

4.【有料】粗大ゴミや不燃ゴミとして処分する

自治体によって、家電を粗大ゴミや不燃ゴミとして処分することができます。

業者に依頼するよりも安い費用で大型家電を処分でき、自治体によっては自宅前まで大型家電などの粗大ゴミを回収しに来てくれます。

しかし、2001年に定められた「家電リサイクル法」により、リサイクル対象家電は粗大ゴミとして処分することができません。

この「家電リサイクル法」とは、家電に使用されている部品や材料のリサイクルを目的に定められた法律です。

テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機(衣類乾燥機含む)が家電リサイクル法の対象となっています。

自治体によって、処分場まで持ち込む必要の有無や、処分方法が異なります。詳しくは、お住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

5.【無料〜】大手家電量販店で下取りをしてもらう

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは下取りはしていませんが、大型家電をヨドバシカメラで購入し会計をする際にリサイクル回収の注文をしておくことで、古い大型家電を回収してもらえます。

購入した大型家電と引き換えに、古い大型家電を回収してくれます。

ヨドバシカメラのリサイクル家電の回収は、大型家電の搬送料金として550円(税込)にリサイクル費用がプラスされます。

また、ヨドバシカメラでは小型家電を中心に、店頭買取または発送買取(宅配買取)で不用になった家電を買取してもらうことができます。

小型家電以外は問い合わせが必要なので、大型家電を買取に出す場合は、買取可能か確認をしておく必要があります。

エディオン

エディオンで家電を購入する際に、下取り申し込みをしておくことで、不用になる大型家電を下取りしてもらうことができます。

エディオンではネットショップから大型家電を購入することができますが、ネットショップからの購入だと下取りはしてもらえません。

下取り希望の場合には、必ずエディオン店頭で大型家電の購入し、下取り申し込みをするようにしましょう。

【下取り額】

種類

下取り額

条件

テレビ

最大60,000円

破損なし/動作OK/説明書やリモコン付属あり

洗濯機

最大10,000円

2014年以降の製品/破損なし/動作OK/説明書や糸くずフィルター付属あり

冷蔵庫

最大10,000円

2014年以降の製品/破損なし/動作OK/説明書や製氷機や棚付属あり

ケーズデンキ

ケーズデンキでは、下取りや買取は行っていません。

大型家電の購入と同時に古い家電を引き取ってもらうことができます。古い大型家電の引き取りには、リサイクル料金と1,650円(税込)の運搬料が必要です。

また、不用な大型家電の回収も行ってもらえます。この場合は、リサイクル料金と運搬料のほかに出張料を支払うことで対応してもらえます。

ヤマダ 電機

ヤマダ電機では、下取りのほかにも買取をしています。ヤマダ電機で新しく購入した大型家電を自宅まで配送してくれますが、その際に不用となった大型家電を買取してくれます。

また、ヤマダ電機で家電の購入をしていなくても、ヤマダ電機店頭まで不用になった大型家電を持ち込むことで、買取に出すことができます。

【買取額】

種類

メーカー

買取額

薄型テレビ(2022年製)

ソニー・パナソニック

最大30,000円

洗濯機(2022年製)

パナソニック・日立

最大30,000円

6.【無料】自分でメルカリやヤフオクなどへ出品する

大型家電は、メルカリやヤフオクなどへ出品して売ることができます。

自分の好きな価格で大型家電を売ることができるので、費用をかけて処分をしたくない方におすすめです。

しかし、大型家電の購入者が現れなければ処分はできません。

また、売れたとしても梱包や発送の手間がかかる上、購入者が住んでいる地域によっては送料が高額になってしまうことも少なくありません。

出品に伴う自分への負担が大きいので、大型家電を出品することはハードルが高く、難しいといえます。

7.【無料】掲示板サイトで引き取りのお願いをする

大型家電の引き取りを掲示板サイトでお願いすると、希望する方に引き取ってもらうことができます。

大型家電を引き取りに来てもらう場合、希望者との日程調節や、家の中から外へ運び出す作業が必要になります。

直接対面することとなるので、どんな方に引き取ってもらうか実際に会うことができます。

安心感はありますが、一方でトラブルにも注意が必要です。

大型家電の処分費用の目安

大型家電を処分するためには、運び出すための運搬費用が必要で、リサイクル対象家電を処分する場合は追加でリサイクル料金がかかります。

大型家電を運搬するための費用は、2,000〜3,000円が目安ですが、家電量販店によっては運搬費が1,000円以下で済む場合があります。

リサイクル料金は、テレビや冷蔵庫などの家電の種類やメーカー、大きさによっても異なります。

【リサイクル料金】

種類

リサイクル料金

液晶テレビ

1,870円(税込)〜

ブラウン管テレビ

1,320円(税込)〜

冷蔵庫

3,740円(税込)〜

洗濯機

2,530円(税込)〜

エアコン

990円(税込)〜

大型家電を処分する際の注意点

規定に沿って処分する

大型家電の処分は、規定に沿って処分するようにしましょう。家電リサイクル法に該当する大型家電(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機)は、リサイクル回収に出して処分する必要があります。

家電量販店によっては大型家電の買取や下取りを行っていますが、全ての家電が対象となるわけではありません。

もし、買取や下取りをしてもらえなかった場合、処分する必要があるので、必ず自治体の規定やリサイクル法に沿って処分をするようにしましょう。

無許可の廃棄物回収業者に注意

ごく一部の不用品回収業者では、無許可で不用品回収や廃棄をしている業者も存在するのが実情です。

不用品回収には、市町村からの廃棄物回収の委託を受けていることや、一般廃棄物処理業の許可を得ている必要があります。

無許可の場合、不法投棄など不適切な処分をしている可能性があります。不法投棄や不適切に処分された不用品は、地域住民の迷惑になることや地域汚染や火災へつながりかねません。

このような不法投棄や不適切な処分を減らすためにも、許可を得ている不用品回収業者かどうかチェックするようにしましょう。

大型家電の処分方法は「出張買取」がおすすめ

大型家電を買取する時の基準

大型家電は、製造から年数が経っているほど故障リスクも高くなってしまいます。

大型家電を買取に出す際は、以下の3つをチェックしてみてください。

  • 製造から3〜5年以内の家電
  • 汚れなどの劣化は目立たないかどうか
  • 付属品は揃っているかどうか

付属品の中でも大切なのが、「説明書」や「欠けると使えない物」です。

テレビならリモコンが欠けると使えず、洗濯機なら糸くずネットがなければ使えません。

これらの「ないと使えない。使いにくい」ものは、手入れをして揃えておくようにしましょう。

大型家電の買取業者

買取マクサス

買取マクサスでは、大型家電の出張買取のほかにも宅配買取、一部店舗での店頭買取も行っています。

不用品の回収も行っているため、買取ができない大型家電でも不用品として回収してもらえます。

買取マクサスではお客様一人一人に専属査定士がつき、大型家電の買取に関して丁寧にサポートします。

自宅にいながらビデオチャットで査定することもでき、忙しい方や外出が難しい方でも手軽に大型家電の査定を受けることができます。

査定だけでのご利用も可能なので、ご相談ください。

業者名 買取マクサス
買取方法 ・出張買取 ・宅配買取 ・店頭買取 ・オンライン買取
出張買取の対応エリア 日本全国
買取品目 総合買取
営業時間 10:00〜20:00
定休日 年中無休
電話 05-5444-9148
LINE査定
宅配買取キット 無料で提供
送料 無料
ジャンク品の買取
所在地 GoogleMapへ移動する
店舗一覧 店舗一覧を見る

家電高く売れるドットコム

家電高く売れるドットコムの買取方法は、出張買取、宅配買取、店頭買取の3つから選ぶことができます。

大型家電は自宅から運び出すことが難しいですが、全国どこでも出張買取が可能なので、自宅にいながら大型家電の買取を行うことができます。

家電高く売れるドットコムでは、販売をネット販売のみに絞ることでコストを削減していて、買取額に還元しています。

大型家電含む不用品をまとめて買取に出すことで、1つだけ買取に出すよりも高く買取してもらえることがあります。

大型家電の他にも不用品が複数ある方には家電高く売れるドットコムがおすすめです。

業者名 家電高く売れるドットコム
買取方法 ・出張買取 ・ 店頭買取 ・ 宅配買取
出張買取の対応エリア ・東北 ・ 関東 ・ 中部 ・ 近畿 ・ 中国 ・ 九州 ・ その他(要相談)
買取品目 家電全般
営業時間 ・電話受付: 9:15〜21:00 ・ 店頭受付: 10:30〜19:00
定休日 年中無休
電話 0120-945-991
LINE査定 ×
宅配買取キット 無料で提供
送料 無料
ジャンク品の買取
所在地 GoogleMapへ移動する
店舗一覧 店舗一覧を見る

ReRe買取

ReRe買取では、大型家電の出張買取のほかに店頭買取と宅配買取を行っています。

事前査定で大型家電の買取価格の目安を知ることができるので、安心して買取に出すことができます。

買取額の受け取りには、宅配買取の場合は口座振込で受け取り、店頭買取と出張買取では現金で受け取りとなります。

業者名 ReRe買取
買取方法 ・宅配買取 ・ 出張買取 ・ 店頭買取
出張買取の対応エリア 要確認
買取品目 総合買取
営業時間 ・9:15〜21:00(電話) ・10:30〜19:00(店頭受付)
定休日 年末年始
電話 0120-945-991
LINE査定 ×
宅配買取キット あり
送料 無料
ジャンク品の買取 ×
所在地 GoogleMapへ移動する
店舗一覧 店舗一覧を見る

おいくら

おいくらでは、全国各地にある買取業者やリサイクルショップの買取査定額を比較し、買取に出すことができます。

気になる買取業者があれば、口コミをチェックしたり、買取実績を見ることができます。忙しい方も、短時間で気になる買取業者の情報収集ができて便利です。

セカンドストリート

セカンドストリートでは、店頭買取のほかに宅配買取や出張買取を行っています。

出張買取では、自宅にいながら査定から買取、運び出しまで完了するので、忙しい方や店頭まで持ち込むことが難しい方も簡単に大型家電を買取に出すことができます。

セカンドストリートは大手のリサイクルショップであり、実店舗も全国各地にあることから安心して利用できるといった方も少なくありません。

幅広い商品の取り扱いや買取実績があるので、大型家電以外にもたくさん売りたいものがある方におすすめです。

業者名 セカンドストリート
買取方法 ・店頭買取 ・宅配買取 ・出張買取
出張買取の対応エリア 全国(対応していない店舗もある)
買取品目 総合買取
営業時間 10:00〜20:00
定休日 年中無休
電話 042-798-5721(店舗ごとで異なる)
LINE査定 ×
宅配買取キット 無料で提供
送料 無料
ジャンク品の買取 ×
所在地 GoogleMapへ移動する
店舗一覧 店舗一覧を見る

まとめ

大型家電の処分は、リサイクル法に沿って処分しなければいけません。家電量販店に依頼して処分することができますが、リサイクル料金のほかにも運搬料や出張料などの費用が必要となります。

そこで、大型家電を処分する方法として、出張買取に出すことをおすすめします。

出張買取なら、都合の良い日程に自宅まで来てもらうことができ、査定から買取、運び出しまで自宅にいながら全て完了します。

不用品回収も同時に行うことができる買取業者を選ぶことで、買取不可だった場合でも大型家電を回収してもらうことができます。

買取業者ごとで出張買取の対応エリアが限られている業者もあるので、気になる買取業者があれば、対応エリアかどうかもチェックしてみましょう。

少しでも高く売るならマクサスにご相談ください
高価買取実施中