2022年5月28日 最終更新日:2022年5月27日
おすすめ|カメラのレンズ買取業社7選。箱なしでもレンズは売れるの?

長い間使っていないカメラのレンズが眠っていませんか?

カメラのレンズは長期間放置していると、カビが生えるおそれがあります。

不用なカメラのレンズは価値が下がってしまう前に、買い取ってもらうのが良いでしょう。

この記事では、メーカーごとのカメラのレンズの買取相場や、カメラのレンズの買取業者についてご紹介しています。

また、買取業者の選び方や、カメラのレンズを高く売る方法についても説明します。

カメラのレンズの買取を検討している方に役立つ情報がたくさんありますので、チェックしてください。

カメラのレンズを買取に出す方法は主に3つ

【おすすめ】出張買取

カメラのレンズを買取に出す際、最もおすすめなのは出張買取です。

出張買取では自宅まで業者のスタッフが来てくれて、その場でカメラのレンズの査定と買取まで終わらせてもらえます。

現金で支払いを済ませてくれる買取業者もあります。

電話一本で出張査定の日程を相談することが可能で、電話でおおよその買取金額を聞くことができます。

また、カメラのレンズ以外にも買取希望の品がある場合は、それらも買取可能かを相談できます。

店頭買取や宅配買取よりも手間がかからない点が、出張買取をおすすめする理由です。

店頭買取

お近くに買取業者の店舗がある場合、店頭買取を利用することが可能です。

店頭買取の場合、まずは店舗の買取業者の店舗を訪れ、カメラのレンズの査定を行ってもらいます。査定価格に納得できれば、その場で現金で代金を受け取ります。

お出かけのついでに買取をしてもらうことができるなどのお手軽さが魅力です。

しかし、いくつかのデメリットも存在します。近くに店舗がない場合は利用できません。複数の業者間のカメラのレンズの査定価格を比較したい場合、店舗間を移動する手間がかかります。

どの地域にお住まいなのかによって使い勝手が異なってしまうことが店頭買取の特徴です。

宅配買取

宅配買取を利用してカメラのレンズを売却することも可能です。

宅配買取では、買取業者の事業所にカメラのレンズを発送し、事業所に到着したら査定を行ってもらいます。

業者から提示された査定価格に同意できれば買取成立で、同意できない場合は買取キャンセルとなりカメラのレンズが返送されます。

店頭買取のように、店に出向く必要がないことが利点です。

しかし、カメラのレンズを売却する場合、宅配買取の利用はあまりおすすめできません。

カメラのレンズは精密機器であり、宅配便の配送時に破損するおそれがあるからです。

どうしても宅配買取を利用したい場合は、返送の際の送料をチェックしておきましょう。

返送の際の送料は業者負担の場合が多いですが、利用者負担の場合もあるので、事前のチェックが大切です。

カメラのレンズの買取価格一覧

ニコン

ニコンは長きに渡って一眼カメラの製造を行っている大手メーカーです。デジタルカメラ市場においても大きなシェアを誇っている会社です。

カメラだけでなく、レンズの製造や販売を行っています。

おおよその買取相場を以下でご紹介します。

品名

フォーカス

買取価格

AF 14/2.8D ED

AF

20,000〜25,000円

AI-S 15/3.5

MF

50,000〜70,000円

AI-S 135/2

MF

23,000〜30,000円

キャノン

キャノンはカメラの大手メーカーです。カメラのレンズも初心者向けのものから、プロ仕様の高価格のものまで、幅広いラインナップで展開しています。

品名

フォーカス

買取価格

EF 14/2.8L

AF

50,000〜60,000円

EF 28/2.8 IS USM

AF

16,000〜20,000円

NFD 17/4

MF

12,000〜20,000円

ソニー

デジタルカメラ市場における大手2社とは違い、ミラーレス一眼カメラに力を入れてきたのがソニーです。

ミラーレス一眼カメラやレンズは、高品質かつ高価格のラインナップが中心です。

品名

フォーカス

買取価格

FE 24mm F2.8 G SEL24F28G

AF

42,000〜47,000円

FE 50mm F2.5 G SEL50F25G

AF

33,000〜38,000円

E 16-55mm F2.8 G / SEL1655G

AF

58,000〜63,000円

パナソニック

ニコンやキャノンなどとは異なり、大きな一眼カメラは展開せず、コンパクトなミラーレスカメラに力を入れて展開しているのがパナソニックです。

よって、自社で展開するレンズも、大型のものは多くありません。コンパクトなミラーレスカメラに適した、小型の軽量レンズを中心に販売しています。

品名

フォーカス

買取価格

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 S-R2060

AF

23,000〜28,000円

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH. H-XA025

AF

27,000〜32,000円

LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5 H-F008

AF

17,000〜22,000円

フジフィルム

フィルムカメラメーカーとしても有名なのがフジフィルムです。ミラーレス一眼カメラを中心に展開しています。

ニコンやキャノンなどとは異なり、望遠レンズにはあまり力を入れてはいません。

インスタントカメラの「チェキ」を展開しているメーカーということもあり、手軽なスナップ撮影向けのレンズに力を入れています。

品名

フォーカス

買取価格

XF33mmF1.4 R LM WR

AF

57,000〜62,000円

XF10-24mmF4 R OIS WR

AF

61,000〜66,000円

XF50mm F1.0 R WR

AF

83,000〜88,000円

カメラのレンズの買取業者おすすめ7選

買取マクサス

買取マクサスではカメラのレンズを出張買取、店頭買取、宅配買取の3つの方法で買取しています。

最もおすすめなのが出張買取です。電話で出張の日時を決めて、予定日に専属の査定士が来てくれて、査定を行ってくれる仕組みです。都内の場合、最短15分で出張買取をしてくれます。

出張買取の場合、カメラのレンズ以外の不用品も買い取ってもらうことができます。

カメラ用品専門の買取業者の場合、カメラ関連の製品しか買い取ってもらえない場合がほとんどです。

しかし、買取マクサスでは幅広い品目の買取を行っているので、様々なものを買い取ってもらうことができます。

カメラのレンズ以外に処分したいものがある場合は、一度査定士に相談してみましょう。

各地に展開する買取マクサスの店舗にて店頭買取をしてもらうこともできます。

店頭に行く時間がない方には、宅配買取もおすすめです。カメラのレンズを宅配便で届けることで査定を行ってもらうことが可能です。

買取マクサスでは利用者の都合に合わせた買取方法を提供しています。カメラのレンズの売却を検討している方は、まずはお電話で相談してみることをおすすめします。

マップカメラ

マップカメラはシュッピン株式会社が運営するカメラ通販サイトです。カメラやレンズの買取を行っています。

一部の対象商品はワンプライス買取という方式で買取を行っています。これは、正常に動作し、修理の必要のないカメラのレンズなら、定額で買取を行うというものです。査定や金額の承認作業が不要というメリットがあります。

また、宅配買取においては「らくらくキット」が用意されています。これは、発送用の段ボールやエアパッキンなどを無料で届けてもらえるというものです。

マップカメラではカメラのレンズの販売も行っているので、カメラのレンズの買取代金をレンズ購入の代金に充当する下取りも実施しております。

マップカメラでカメラやカメラのレンズを購入した際にもらえる「買取優待券」を使うと、買取見積額が3%アップします。

店頭買取も実施しておりますが、こちらは店舗が新宿にしかないため、あまり使い勝手がよいとはいえません。

高く売れるドットコム

高く売れるドットコムでは、出張買取、宅配買取、店舗買取の3つの方法でカメラのレンズの買取を行っています。

出張買取を利用する場合、予約の日時にスタッフが自宅まで来て査定を行い、支払いまで済ませてくれます。カメラのレンズ以外にも売りたいものがある場合に便利です。

宅配買取の場合は、カメラのレンズを宅配便で送って査定と買取を行ってもらいます。自分の都合のよい時間に発送すればよいので、遅い時間帯しか空いた時間がない方などにおすすめです。

近くに店舗のある方は、店舗買取を利用することもできます。持ち込んだ店舗にて支払いまで完了するスピーディーさが魅力です。

ネットオフ

ネットオフではカメラのレンズの宅配買取を行っています。店舗買取や出張買取は行っていません。

発送用のダンボールは無料で事前に届けてもらえます。自宅までの集荷とコンビニ発送の2つの配送方法から選ぶことができて便利です。

カメラのレンズが到着後、最短で当日に査定を行ってもらうことができるスピーディーさが売りのひとつです。査定日に即日入金してもらえるため、出来るだけ早く支払いを受けたい人におすすめです。

カメラの買取屋さん

カメラの買取屋さんはカメラとカメラ用品の買取の専門店です。出張買取、宅配買取、店頭買取、法人買取、大量買取の5つの買取方法を提供しています。

電話一本で自宅まで買取に来てくれるのが出張買取です。エリアにもよりますが、最短で30分以内に買取に来てもらえます。

宅配買取の場合は、着払いでカメラのレンズを配送し、査定を行ってもらいます。査定額に納得できない場合は、送料手数料無料で返送してもらえるため、まだ買取の決心がついていない方にもおすすめです。

店頭買取は横浜市の店舗でのみ受け付けていて、ここ以外の店舗はありません。

大量のカメラのレンズの在庫を抱えた法人の方やご家族の遺品の中から大量のカメラのレンズが見つかったという方もおられると思います。そのような方向けに、法人買取や大量買取というサービスも提供されています。

カメラの買取屋さんは、様々なニーズに合わせた買取方法を提供している買取業者です。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラは全国に展開する大手カメラ用品店です。店舗買取、宅配買取、出張買取の3つの方法で買取を行っています。

カメラのキタムラの店舗や、買取に特化した「中古買取センター」で店舗買取を実施しています。お近くに店舗がある場合は手軽に買取してもらうことが可能です。

宅配買取を利用する場合、電話で梱包キットの配送を申し込むことで、簡単に梱包することができて便利です。

対応エリアが限定されるものの、出張買取も行っています。

カメラのキタムラでは、下取りサービスも実施しています。カメラのキタムラでカメラやレンズなどを購入することを条件に買取してもらった場合、査定価格が10%アップします。。

そのため、カメラのレンズを買い替える方におすすめです。

ブックオフ

ブックオフは書籍の買取を中心に、カメラのレンズを含めて様々な商品を買取しています。カメラのレンズは店舗買取と出張買取の2つの方法で実施しています。

全国に600以上の店舗があり、お近くの店舗にカメラのレンズを持ち込むことで店舗買取を行ってもらえます。査定価格は本社のスタッフが中古品の相場動向などを見ながら決定するため、全国の店舗において統一基準で査定をしてもらえます。

出張買取も実施していますが、買取代金の支払いは1〜2週間後に銀行振込にて支払われる仕組みです。他社と比べると支払いまでの時間がかなりかかるといえます。カメラのレンズをすぐに現金化したい人には、ブックオフの出張買取はあまりおすすめできません。

カメラのレンズのおすすめ買取業者比較

買取業者

出張買取

店頭買取

宅配買取

オンライン買取

買取手数料

カメラ用品以外の買取

買取マクサス

無料

あり

マップカメラ

無料

なし

高く売れるドットコム

無料

あり

ネットオフ

無料

あり

カメラの買取屋さん

無料

なし

カメラのキタムラ

無料

あり

ブックオフ

無料

あり

買取業者を選ぶ前に知っておきたい選び方

買取可能かチェック

カメラのレンズは、数万円などの高額買取も期待できる製品です。しかし、どんなカメラのレンズでも買取をしてもらえるというわけではありません。

レンズの破損や曇りがあったり、箱や付属品などが揃っていなかったりすると買取してもらえない場合があるので注意してください。

しかし、破損があってもジャンク品として買取をしてくれる業者もあります。箱なしのカメラのレンズでも、価格が下がるだけで買取自体は行ってもらえる業者もあります。

お持ちのカメラのレンズが壊れていたり、欠品があったりする場合は、まずはその状態でも買い取ってもらえるかどうかを相談してから買取業者を選びましょう。

手数料をチェック

カメラのレンズの査定や買取に関する手数料をチェックすることを忘れないようにしましょう。

宅配買取を利用する場合、買取業者への配送手数料は業者が負担してくれる場合がほとんどです。

しかし、業者によっては、買取をキャンセルする場合の返送手数料をこちらで負担しなくてはならないこともあります。

余計な費用を支払わなくて済むよう、買取業者を選ぶ際は、手数料を調べておくことが大切です。

査定価格をチェック

カメラのレンズを売るなら、できるだけ高い値段で買取に出すことが望ましいです。

業者によっては、カメラのレンズの買取価格一覧を自社サイトにて公開してくれています。また、型番や状態などを電話で伝えるだけでおおよその買取価格を知らせてくれる業者もあります。

カメラのレンズは、業者によって買取価格に数千〜数万円の違いが出ることがある製品です。

査定価格をあらかじめチェックしたうえで、買取業者を選びましょう。

カメラのレンズを高く売るコツ

レンズやボディにキズや汚れがないようにする

レンズやレンズのボディ部分にキズや汚れがあると、マイナス査定を受けてしまいます。

普段の利用時から、しっかりとキャップをつけたり、カメラバッグに入れて運んだりとレンズやボディにキズがつかないような使い方を心がけましょう。

また、湿度が高いとレンズはカビが生えやすいです。ドライボックスに入れるなど、普段の保管時はカビが生えにくい環境で保管することをおすすめします。

ボディ部分に手垢や埃などを原因とする汚れが付着している場合があります。取扱説明書の指示に従って、汚れはきっちりと掃除しておきましょう。

箱や付属品とセットで売る

カメラのレンズに限った話ではないですが、外箱や取扱説明書、付属品などが欠けているとその分買取査定額が下がります。

高価買取を目指すためにも、新しくカメラのレンズを買ったときは、箱や付属品はきちんと保管しておくことをおすすめします。

早めに売る

カメラのレンズは、新型の製品が出ると、古い型の製品の買取査定額が下がってしまいます。

また、売らずにおいておく期間が長いほど、故障や経年劣化の発生率が高まってしまいます。

以上の理由から、高値買取を希望される場合には、早めに売るということも大切です。

売るかどうか迷っている場合、とりあえず査定だけでもしてもらうことをおすすめします。査定額に満足できるなら、時間の経過で価格が下がってしまう前に早めに売るという判断も悪くありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、カメラのレンズの買取相場や、買取業者についてまとめました。

お手持ちのカメラのレンズのメーカーや、お住まいの地域の買取業者を調べてみてください。高価買取が実現できそうなら、すぐにでも買取業者に電話相談することをおすすめします。

また、カメラのレンズを少しでも高く売るための買取業者の選び方やレンズを高く売る3つのコツについても説明しました。その内容を生かして、高価買取を実現してください。

少しでも高く売るならマクサスにご相談ください
高価買取実施中