2017年9月22日 最終更新日:2021年7月19日
AppleTV 買取相場(第三世代〜第五世代)おすすめ買取業者まとめ

当記事では、AppleTVの世代別買取相場を解説。

加えて、AppleTVの買取で知ってほしい『買取マクサス』の買取サービスや、AppleTVを取り扱っているおすすめ買取業者をまとめました。

AppleTVの買取情報をお探しの方はぜひご一読ください。

アップルTVの中古買取事情

 

2006年にサンスフランシスコのイベントでスティーブ・ジョブスが異例となる開発段階での発表をした『AppleTV』。

類似品に、AmazonがリリースしているFire TVがありますが、

基本的に4k作品を一本ずつレンタルして見るのがAppleTVで、NetflixやHuluを通じて4k作品を見るのがFireTVです。

AppleTVの魅力は圧倒的な作品数です。動画配信サイトは未だ4k作品が少ない傾向にあります。それに比べAppleTVはiTunesと連携しており、今後も作品は充実するのは間違いありません。

AppleTVは2019年に定額料金でNetflixやHuluなど動画サイトの見放題サービスも始めるという噂もあるので、今後の需要が見込めそうです。

それに伴いAppleTVは今後買取需要が高まると予想されます。

 

そこで紹介させていただきたいのが、『買取マクサス』の買取サービス。

『買取マクサス』では、業界にさきがけてオンラインビデオチャット買取サービスを導入。ご自宅にいながら、店頭買取と同じようにノータイム査定が可能となります!

もちろん、店頭買取も行なっておりますので、お越しいただくことが可能であればご連絡ください!

アップルTV  世代別買取相場

第三世代

新たに1080p(フルハイビジョン)の映像出力に対応し、iTunes Storeから1080pの映画を視聴できるようになっています。

また、プロセッサには、iPhone 4Sと同じA5チップが採用され、512MBのRAMを搭載しています。

第四世代

本体のデザインは第3世代を踏襲しつつも、高さ35mm、幅98mm、奥行き98mm、重量425gと、よりぶ厚く重くなり、リモコンは新たにタッチサーフェスとSiriを搭載した「Siri Remote」に生まれ変わりました。

本体性能は32GBまたは64GBの内蔵ストレージと2GBのRAMが搭載され、新たにBluetooth 4.0と11ac Wi-Fiに対応してより機能強化しました。

さらに、ソフトウェアには新たにtvOSが採用され、専用のApp Storeも開設されました。

そのため、Apple TV 第4世代からは、iPhoneやiPadのように、App Storeからアプリのインストールが可能になっています。

第五世代

シリーズで初となる4K HDRに対応しました。

このモデルから従来の「Apple TV」ではなく、「Apple TV 4K」という新たな名称になっています。

基本的な製品デザインはApple TV 第4世代と同じですが、プロセッサがA10X、RAMが3GB、Bluetooth 5.0、ギガビットイーサネットに対応し、底面には排熱用のファンも搭載されるなど、ハードウェア面で大幅にアップグレードされています。

また、Apple TV 4Kに合わせてiTunes Storeの映画も4K HDRやDolby Visionに対応しました。OSは第4世代モデルと同じ「tvOS」が採用されています。

さらに、2018年秋に提供される「tvOS 12」からはDolby Atomosにも対応します。

こちらの買取相場はあくまで執筆現在の参考価格になります。

現在の正確な買取相場に関しては、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

AppleTV 最新情報

簡単な接続をするだけで、動画や音楽、写真などをテレビの大画面で楽しむことのできるAppleTV。

2007年に発売された第一世代から着々と進化を遂げており、現在最新モデルとなっているのは2017年発売の「AppleTV 4K」。

その名の通りこちらの製品は4Kのハイダイナミックレンジ画質に対応しており、非常にきめ細かく美しい映像を映せることが特徴です。

また、Apple独自の音声認識機能「Siri」を搭載していることにより、わざわざリモコンを使わなくても、検索や入力が容易にできるところもポイント。

最近では競合商品として、リーズナブルな「FireTV」がかなり勢いを伸ばしていますが、個人的に画質や操作性といった点では「AppleTV」に軍配が上がるのではないかと思います。

ただし「AppleTV」は「FireTV」に比べ値段が高いことや、据え置き型しかなく置き場所を取るのが難点でもありました。

ですが一説によれば、Appleは来年の初旬から新たに動画配信サービスをスタート。

それに合わせて新型モデルとなる、スティック型の「AppleTV」もリリース予定とのことです。

さらに動画配信サービスを広めることが目的のため、価格も「FireTV Stick」に近い5,000円前後になるのではないかとの予測。

現在旧モデルの「AppleTV」を使用されている方は、この新型モデルのリリースを機に買い替えるという選択肢もありだと思われます。

AppleTV買取ならマクサス

買取をご希望で、店頭買取にこだわらないのであれば、『買取マクサス』の買取サービスがおすすめです!

『買取マクサス』では、査定士に最新教育プログラムを導入し、幅広いジャンルに対しての取り扱いを実現。

パソコンからブランド品まで、幅広い商材に対する専門性の高い知識に対応しているため、お客様の「売りたい」に対して最適解を提案させていただきます。

また、都内23区内であれば最速30分で出張買取が可能。

業界に先駆け、『オンラインビデオ査定』を導入しているため、事前に正確な見積額をお出しできるのが特徴です!

リサイクルショップをお探しの際は、ぜひ一度『マクサス』までお気軽にお問い合わせくださいませ。

AppleTV オススメ買取店

マクサス

 

「大体でもいいから金額を知りたい。」

「写真を見てもらっただけだから、売るときには結局金額が変わってしまうのでは!?」

これらは、不用品を売るときにありがちな悩みだと言えます。

そこで、当社では業界を先取りしてビデオチャットによる査定額告知サービスをスタートさせました。

これは、PCやスマートフォンで「SEL-LIVE(セルライブ)」というアプリを用いて、ビデオチャットをしながら「その場で」お客様の不用品について査定額を告知するというサービスです。

実際に査定額を知った上での買取が可能となるため、「写真だけでは査定額が変わってしまうのではないか」という不安を抱いている方にとっては、打って付けのサービスです。

出張買取サービスと合わせてご利用いただくことで、スピーディーかつ正確な買取が実現可能となります。

Macの初期化に関しても安心のサポートを提供してますのでご気軽にお問い合わせください。

ソフマップ

PC、スマホなどをはじめとした電子機器の買取を専門に扱う買取業者ソフマップ。

店頭・宅配買取に対応していて、近年衣類やブランド品の買取も開始した模様。

また、従来の宅配買取がラクウルへと進化し、従来よりも手間がかからない買取が可能となっています。

ソフマップで売却した場合、買取代金はウォレットに貯まり、必要な分だけあなたの口座へ移動させることが可能!(手数料250円)

ゲオ

ゲオは全国展開するCD、DVDのレンタルショップ。

買取はCD、DVD、ゲームを中心としているが、最近ではスマホ、タブレットなど通信機器の買取も行なっています。

様々なキャンペーンを行なっており、活用すれば他社よりお得に売れる可能性もあります。

宅配買取も行なっており、配送方法や、支払い方法などお客様のニーズに合わせた買取方法を選べるのが特徴です。

手数料も無料なので、スピードと手軽さを重視する方にオススメです。

 

Apple TV 関連記事まとめ!

Apple TVの他にも売りたいものがある!という方に向けて、関連記事をまとめました!!

是非、ご参考にしてください!!